美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

泡活に導入美容液がめっちゃ売れ!エリクシールってどうなの?

投稿日:2018-08-04 更新日:

2016年あたりから徐々に広がってきた感のある「泡活」という言葉。

2018年の夏に一気にブレイクしているようです。

そういえば、ドラッグストアなどでも「泡」に着目した化粧品が増えてきています。

泡活とは、泡の力で肌の汚れ、余分な皮脂をとるスキンケア方法です。
 
 

導入美容液による泡活って?

導入美容液は、洗顔後、化粧水をつける前に使う美容液です。

土台美容液と呼んでいるメーカーもあります。

ブースターの方が聞きなれているかもしれませんね。
 
 
導入美容液に炭酸ガスを入れて、肌の調子を整える化粧品が売れています。

炭酸ガスというのは、二酸化炭素のことです。

毛穴より小さな炭酸の泡が、血行をよくして、化粧水や美容液などの吸収をよくするというのがメリットです。
 
 
まんをじして、2018年7月21日、資生堂が導入美容液「エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス」を発売しました。

篠原涼子さんをCMに起用して、一気に売り上げを伸ばしています。

アットコスメでもブースター部門でいきなり4位に入っています(2018年8月4日現在)。


 
 

スポンサードリンク

 
 

エリクシール シュペリエル ブースターエッセンスの特徴

炭酸のパチパチ泡で、その後に使う化粧水などがより肌に浸透※するようになる導入美容液です。

※角質層まで

特に30代から40代の女性で、「毎日使う化粧水がものたいない」「忙しい毎日、もっと手軽にスキンケアをしたい」という方のニーズに着目して開発されました。

炭酸の力で泡活することで、心地よい使用感と化粧水を使用したときの満足感が得られます。

さわやかなシトラスフローラルの香りです。
 
 
<炭酸泡活にこんな意見も>
専門家は、相当な濃度の炭酸でないと効果がない、血行がよくなるのは一時的だと言っています(かずのすけ『美肌図鑑』ワニブックス)。

また、成分表を見て、炭酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムと書かれていれば、それは疑似炭酸で効果がないとも言っています。
 
 

エリクシール シュペリエル ブースターエッセンスの口コミ

手のひらに泡をとり、なじませてから顔にぬるのですが、手のひらになじませている段階で炭酸がなくなります。敏感肌ではありませんが、顔が痛いくらいヒリヒリします。全く効果を実感できません。(32歳)

 
 

顔全体にぬると痛いです。目のまわりをさけても目の近くがヒリヒリ。ずっとは続きませんが、お肌が弱い方は慎重に。ソフィーナの炭酸美容液は微炭酸、エルクシールは刺激の強い炭酸という感じです。効果のほどはよくわかりません。(41歳)

 
※炭酸の泡が熱いと感じる方もおられるようです。
 
 

パチパチ泡が肌ではじけて気持ちがいいです。柑橘系の香りも気に入っています。ぬった後は、じんわりと肌が温かくなり、血行がよくなったような感じがします。肌ツヤアップ、毛穴がひきしまり、その後の化粧水の入りがよくなりました。(43歳)

 
 

パチパチ泡が肌をマッサージしてくれて、古い角質をはがれやすくしてくれると、お店の人にすすめられて購入しました。毎日でなくても、化粧水などの浸透が悪いと感じる時だけでもよいそうです。これをつけたあとは乳液がベタつきません。(36歳)

 
 

スポンサードリンク

-美容

関連記事

なぜ美白化粧水・美容液で顔がかぶれるのか

「なぜ美白化粧水・美容液でかぶれるのか」について 美白成分が配合された化粧水や美容液を使用して、顔がかぶれるというトラブルが起きることがあります。 この美白化粧水・美容液で顔がかぶれる原因を調べてみま …

還元型コエンザイムQ10の効果と副作用

還元型コエンザイムQ10について コエンザイムQ10(ビタミンQ)は、もともと心臓病の薬として使われていました。 現在ではその効果が疑問視されている場合があります。 例えば、不整脈治療の医薬品としては …

ほうれい線対策をして何歳下に見られたい?

見た目年齢を左右するのは「ほうれい線」 医療機関などに人材紹介サービスを提供している日本メディカルが、40代~60代の女性(600人)を対象に調査した結果、見た目年齢を左右するもの1位は「ほうれい線」 …

赤ちゃんにも使える日焼け止め「UVフェイス&ボディプロテクター」

ナチュラルオーガニックコスメ専門ブランド「チャントアチャーム(chant a charm)」から、赤ちゃんにも使える肌に優しい日焼け止めが発売されました。 商品名は、「UVフェイス&ボディプ …

紫外線とビタミンDの関係/完璧な日焼け対策はダメなの?

紫外線による日焼けで、肌にシミができてしまうと大変!ということで、UVケア、帽子、サングラス、車を運転するときはアームカバーと、何かと日焼け対策は大変です。 しかし、「紫外線を浴びないとビタミンD不足 …