美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

パラベンフリーとは

投稿日:

183959
 
パラベンとは、パラオキシ安息香酸とアルコール類を混ぜ合わせたもの(パラオキシ安息香酸エステル類)です。
 
殺菌作用があるので、食品や化粧品類の防腐剤として使われています。
 
しかし、配合量には制限があり、その範囲内では安全性は高いのですが、それでもアレルギーを起こす場合があります。
 
ですので、最近では、「パラベンは使っていません」、つまり「パラベンフリー」と明記する化粧品が増えました。
 
しかし、品質を保つために防腐剤は使われています。
 
パラベン以外で、代表的な防腐剤は
 
・安息香酸(表示名称:安息香酸)
・安息香酸ナトリウム(表示名称:安息香酸Na)
・デヒドロ酢酸ナトリウム(表示名称:デヒドロ酢酸Na)
・ヒノキチオール(表示名称:ヒノキチオール)
・フェノキシエタノール(表示名称:フェノキシエタノール)
 
などです。
 
 
現在の薬事法では、「基本的に化粧品は製造又は輸入後、適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定なものでなければならず、3年以内に変質する恐れのあるものは『使用期限』を表示しなければならない」と定められています。
 
逆に、使用期限が表示されていない化粧品は、(未開封の状態で)3年以上品質が保たれるということです。
 
薬事法下においても、化粧品に防腐剤は必要です。
 
 

しかし、防腐剤無添加って?

「防腐剤を一切使用していない」と明記された化粧品があります。
 
これには、次のようなことが考えられます。
 
(1)防腐剤ではないけれど、防腐効果のある成分を使っている。

(2)生産から客に届く期間が短く、使用期限を設定いる。

(3)中身が空気に触れない設計の容器を使用している。
 
問題は、(1)の防腐効果のある成分です。
 
自然派化粧品やオーガニックコスメと呼ばれる製品は、よく「防腐剤なし」と書かれていますが、天然の防腐効果のある成分が使われています。
 
ヒノキチオール
ローズマリーエキス
グレープフルーツ種子エキス
ティーツリー
ラベンダー油
アロエベラエキス
チョウジ
ユーカリ油
セージ油
 
などが代表的な成分です。
 
しかし、例えば、ヒノキチオールは、妊娠中の女性が薬物を服用したときに胎児に奇形が起こる(催奇形性)危険性のあることが報告されています。
 
参考:小澤貴子『ウソをつく化粧品』(フォレスト出版)
 

<まとめ>
・パラペンフリーとは、パラオキシ安息香酸エステル類、通称パラベンを使用していないという意味。

・パラベンフリー、防腐剤無添加と書かれていても、通常、防腐効果のある成分が入っている。

 
 
 

-美容

関連記事

正しいシャンプー効果的なトリートメントの仕方

  正しいシャンプーと効果的なトリートメントの仕方とは シャンプー前のブラッシングとお湯で髪を濡らす際に、ほとんどのよごれは落ちてしまいます。   シャンプーをたくさんつけたり、シャンプーをつけた状態 …

かかとの角質ケア方法

かかとの角質ケア方法について 次のような方法で、私はかかとの角質ケアをしています。 ・お風呂に入って角質を柔らかくする ・軽くタオルで水分を拭き取り乾かす ・かかと専用の“やすり”で角質を取る ・かか …

「イオナ スパ&ミネラル エッセンスジェル」/ゼリア新薬

ゼリア新薬から「イオナ スパ&ミネラル エッセンスジェル」が、2017年3月1日発売されました。 「イオナ スパ&ミネラル エッセンスジェル」は、ミネラルたっぷりの美容液ベースのオールインワンジェルで …

紫外線対策しないとどうなる?

紫外線の有用面と有害面について 紫外線(UV)は、有害な面を強調されますが、有用な面もあります。 それをまとめると次のようになります。 紫外線の有用面 ・消毒作用 ・ビタミンDの合成 ・血行や新陳代謝 …

鼻が赤くなる原因と対策

鼻が赤くなる原因と対策について 鼻が赤くなっている状態を一般には、赤ら顔と言います。 また、酒さ(しゅさ)とも言います。 医学的には、赤ら顔は、毛細血管拡張症という病名で呼ばれています。 鼻、ホホなど …