美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

パラベンフリーとは

投稿日:

183959
 
パラベンとは、パラオキシ安息香酸とアルコール類を混ぜ合わせたもの(パラオキシ安息香酸エステル類)です。
 
殺菌作用があるので、食品や化粧品類の防腐剤として使われています。
 
しかし、配合量には制限があり、その範囲内では安全性は高いのですが、それでもアレルギーを起こす場合があります。
 
ですので、最近では、「パラベンは使っていません」、つまり「パラベンフリー」と明記する化粧品が増えました。
 
しかし、品質を保つために防腐剤は使われています。
 
パラベン以外で、代表的な防腐剤は
 
・安息香酸(表示名称:安息香酸)
・安息香酸ナトリウム(表示名称:安息香酸Na)
・デヒドロ酢酸ナトリウム(表示名称:デヒドロ酢酸Na)
・ヒノキチオール(表示名称:ヒノキチオール)
・フェノキシエタノール(表示名称:フェノキシエタノール)
 
などです。
 
 
現在の薬事法では、「基本的に化粧品は製造又は輸入後、適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定なものでなければならず、3年以内に変質する恐れのあるものは『使用期限』を表示しなければならない」と定められています。
 
逆に、使用期限が表示されていない化粧品は、(未開封の状態で)3年以上品質が保たれるということです。
 
薬事法下においても、化粧品に防腐剤は必要です。
 
 

しかし、防腐剤無添加って?

「防腐剤を一切使用していない」と明記された化粧品があります。
 
これには、次のようなことが考えられます。
 
(1)防腐剤ではないけれど、防腐効果のある成分を使っている。

(2)生産から客に届く期間が短く、使用期限を設定いる。

(3)中身が空気に触れない設計の容器を使用している。
 
問題は、(1)の防腐効果のある成分です。
 
自然派化粧品やオーガニックコスメと呼ばれる製品は、よく「防腐剤なし」と書かれていますが、天然の防腐効果のある成分が使われています。
 
ヒノキチオール
ローズマリーエキス
グレープフルーツ種子エキス
ティーツリー
ラベンダー油
アロエベラエキス
チョウジ
ユーカリ油
セージ油
 
などが代表的な成分です。
 
しかし、例えば、ヒノキチオールは、妊娠中の女性が薬物を服用したときに胎児に奇形が起こる(催奇形性)危険性のあることが報告されています。
 
参考:小澤貴子『ウソをつく化粧品』(フォレスト出版)
 

<まとめ>
・パラペンフリーとは、パラオキシ安息香酸エステル類、通称パラベンを使用していないという意味。

・パラベンフリー、防腐剤無添加と書かれていても、通常、防腐効果のある成分が入っている。

 
 
 

-美容

関連記事

お尻のブツブツの原因と対処法

  お尻のブツブツや湿疹のようなものがでる原因 毛穴の中の雑菌が繁殖して炎症を起こしているのが原因だと考えられています。 雑菌の繁殖は、蒸れや摩擦によって起こることがあります。 ジーンズやナイロンの下 …

日焼け止め化粧品を使うときの注意点

日焼け止め化粧品について 日焼け止めクリームなどの化粧品を使う前に、使用説明書を読んでいるでしょうか。 よく読んで使用しないと、日焼け止めの効果が半減することがあります。     SPFの数値の意味 …

セラミドを飲むのと肌につけるのとどちらが効果的か?

セラミド配合のドリンクのCMをテレビでよく見かけますので、「セラミドを飲むのと肌につけるのとどちらが効果的か?」について調べてみました。     セラミドを飲む場合とつける場合について セラミドに限ら …

ポーラ「ホワイトショット QX」新発売

ポーラ「ホワイトショット QX」について 2017年5月、ポーラの「ホワイトショット」シリーズに「QX」が、加わりました。 「ホワイトショット QX」は、最先端の美白[*]シートマスクです。 ※メラニ …

セラミド配合の化粧品の選び方

セラミドとは 角質層の細胞と細胞の間には、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)という物質があります。 この細胞間脂質は、水分を蓄えて肌を保湿し、細胞と細胞間を埋めることで外部の刺激から守る働きをしています …