美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

紫外線対策しないとどうなる?

投稿日:

紫外線の有用面と有害面について

紫外線UV)は、有害な面を強調されますが、有用な面もあります。

それをまとめると次のようになります。

紫外線の有用面

・消毒作用
・ビタミンDの合成
・血行や新陳代謝を活発にする
・皮ふの抵抗力を高める

紫外線の有害面

・シミ、ソバカスなど色素沈着の原因となる
・皮ふ細胞を傷つけ老化を促す
・皮ふがんの原因となることもある

美容に関しては、紫外線は有害ですね。

美容に関して、紫外線対策をしないとどうなるかを次にみていきましょう。
 

紫外線対策しないときの肌への影響

地上に届く紫外線(UV)には2種類あります。

UVA(紫外線A波、長波長紫外線)とUVB(紫外線B波、短波長紫外線)です。

UVA(長波長紫外線)

真皮まで達し、メラサイトの活動を活発化させます。

その結果、皮ふの色が浅黒くなる日焼けの原因になります。

また、コラーゲンエラスチンの性質を変えてしまいますので、シワ、たるみの原因になります。

UVB(短波長紫外線)

多くは表皮にとどまり、長時間にわたってUVBを浴びると、皮ふ表面が赤くなったり、軽いやけどの症状がみられます。

シミ、そばかすの原因になります。
 

紫外線対策は夏だけでいいのか?

日本では、6月から8月にかけて、最も紫外線が強くなります。

1日のうちでは、午前10時から午後2時の時間帯に、1日量の半分以上が届いています。

真夏の晴天の続く時期が最も紫外線は強いのですが、晴天の続く4月、5月も多いので注意が必要です。

春先に日焼けのトラブルが多いのは、冬の間は直射日光を受ける機会が少なくて、皮ふの紫外線に対する抵抗力が下がっているためです。

結局、1年を通して、紫外線対策をする必要があります。
 
 
 
 

-美容

関連記事

泡活に導入美容液がめっちゃ売れ!エリクシールってどうなの?

2016年あたりから徐々に広がってきた感のある「泡活」という言葉。 2018年の夏に一気にブレイクしているようです。 そういえば、ドラッグストアなどでも「泡」に着目した化粧品が増えてきています。 泡活 …

目の下のクマを治す方法

  目の下のクマを治す方法について 目の下のクマを治す方法 まず、目の下のクマには3種類あり、それそれによって治す方法が異なりますので、それぞれについて説明します。     青グマ クマが青い場合は、 …

最低限必要なお肌の手入れ

  最低限必要なお肌の手入れは、次の3つです。 ・洗顔 ・保湿 ・紫外線対策 (近藤須雅子『9割の人が間違っている化粧品「効きめ」の真実』講談社)     洗顔-クレンジングと洗顔料について- クレン …

ポーラ「ホワイトショット QX」新発売

ポーラ「ホワイトショット QX」について 2017年5月、ポーラの「ホワイトショット」シリーズに「QX」が、加わりました。 「ホワイトショット QX」は、最先端の美白[*]シートマスクです。 ※メラニ …

“くすみ”などを解消する炭酸水の美容効果

“くすみ”を炭酸水について 『日経ヘルス』2017年3月号によると、市販のペットボトル炭酸水を飲むと、肌の血行がよくなり、“くすみ”のない肌がつくられることがわかりました。 血行がよくなると、酸素や栄 …