美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

紫外線対策しないとどうなる?

投稿日:

紫外線の有用面と有害面について

紫外線UV)は、有害な面を強調されますが、有用な面もあります。

それをまとめると次のようになります。

紫外線の有用面

・消毒作用
・ビタミンDの合成
・血行や新陳代謝を活発にする
・皮ふの抵抗力を高める

紫外線の有害面

・シミ、ソバカスなど色素沈着の原因となる
・皮ふ細胞を傷つけ老化を促す
・皮ふがんの原因となることもある

美容に関しては、紫外線は有害ですね。

美容に関して、紫外線対策をしないとどうなるかを次にみていきましょう。
 

紫外線対策しないときの肌への影響

地上に届く紫外線(UV)には2種類あります。

UVA(紫外線A波、長波長紫外線)とUVB(紫外線B波、短波長紫外線)です。

UVA(長波長紫外線)

真皮まで達し、メラサイトの活動を活発化させます。

その結果、皮ふの色が浅黒くなる日焼けの原因になります。

また、コラーゲンエラスチンの性質を変えてしまいますので、シワ、たるみの原因になります。

UVB(短波長紫外線)

多くは表皮にとどまり、長時間にわたってUVBを浴びると、皮ふ表面が赤くなったり、軽いやけどの症状がみられます。

シミ、そばかすの原因になります。
 

紫外線対策は夏だけでいいのか?

日本では、6月から8月にかけて、最も紫外線が強くなります。

1日のうちでは、午前10時から午後2時の時間帯に、1日量の半分以上が届いています。

真夏の晴天の続く時期が最も紫外線は強いのですが、晴天の続く4月、5月も多いので注意が必要です。

春先に日焼けのトラブルが多いのは、冬の間は直射日光を受ける機会が少なくて、皮ふの紫外線に対する抵抗力が下がっているためです。

結局、1年を通して、紫外線対策をする必要があります。
 
 
 
 

-美容

関連記事

レチノール配合の化粧品はシワを改善する効果があるの?

レチノールの特徴と美容効果 シワを改善する効果が期待できる成分として、レチノールが注目され、様々な化粧品に配合されています。 はたして本当に効果があるのか気になり、調べてみました。     レチノール …

開き毛穴・凸凹毛穴を改善する化粧品

ムダ毛ケアでおなじみの「パイナップル豆乳シリーズ」から、毛穴とうぶ毛が同時にケアできる新フェイスケアが誕生しました。 小鼻やほおの「開き毛穴」「凸凹毛穴」「黒ずみ毛穴」を改善する可能性のある化粧品です …

女性が1ヵ月の美容にかける費用は?

女性が1ヵ月の美容にかける費用 株式会社小学館が運営する美しさを磨きたい女性のためのブログメディア『美レンジャー』は、女性が1ヵ月の美容にかける費用を調査し、結果を発表しました。 調査対象は、20~4 …

美容シャワーヘッドの効果

暖かい季節になると、シャワーだけという日が増えてきます。 顔や体にシャワーをあてると気持ちのいいものです。 しかし、シャワー後、顔や体がヒリヒリしたり、乾燥するのは、シャワーヘッドが原因になっているこ …

カサカサ肌によい食べ物

カサカサ肌によい食べ物について 肌が乾燥していると、様々な肌トラブルが起こります。 例えば、大人ニキビもその一つ。 肌が乾燥すると、それを保護するために角質が厚くなります。 やがて角質は毛穴をふさぎま …