美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

紫外線対策しないとどうなる?

投稿日:

紫外線の有用面と有害面について

紫外線UV)は、有害な面を強調されますが、有用な面もあります。

それをまとめると次のようになります。

紫外線の有用面

・消毒作用
・ビタミンDの合成
・血行や新陳代謝を活発にする
・皮ふの抵抗力を高める

紫外線の有害面

・シミ、ソバカスなど色素沈着の原因となる
・皮ふ細胞を傷つけ老化を促す
・皮ふがんの原因となることもある

美容に関しては、紫外線は有害ですね。

美容に関して、紫外線対策をしないとどうなるかを次にみていきましょう。
 

紫外線対策しないときの肌への影響

地上に届く紫外線(UV)には2種類あります。

UVA(紫外線A波、長波長紫外線)とUVB(紫外線B波、短波長紫外線)です。

UVA(長波長紫外線)

真皮まで達し、メラサイトの活動を活発化させます。

その結果、皮ふの色が浅黒くなる日焼けの原因になります。

また、コラーゲンエラスチンの性質を変えてしまいますので、シワ、たるみの原因になります。

UVB(短波長紫外線)

多くは表皮にとどまり、長時間にわたってUVBを浴びると、皮ふ表面が赤くなったり、軽いやけどの症状がみられます。

シミ、そばかすの原因になります。
 

紫外線対策は夏だけでいいのか?

日本では、6月から8月にかけて、最も紫外線が強くなります。

1日のうちでは、午前10時から午後2時の時間帯に、1日量の半分以上が届いています。

真夏の晴天の続く時期が最も紫外線は強いのですが、晴天の続く4月、5月も多いので注意が必要です。

春先に日焼けのトラブルが多いのは、冬の間は直射日光を受ける機会が少なくて、皮ふの紫外線に対する抵抗力が下がっているためです。

結局、1年を通して、紫外線対策をする必要があります。
 
 
 
 

-美容

関連記事

コラーゲンを食べるのと塗るのと、どっちが効果があるの?

  「十分な栄養補給は、肌の健康の基本。外側から補うだけじゃなく、食事などで内側から補うことは、もちろんすごく大切です」と、研究者も皮膚科医も声を揃えます。   しかし・・・   食事やドリンク剤、サ …

ホームピーリング化粧品の選び方

ホームピーリング用の化粧品に配合されているピーリング剤は、クリニックで使われるピーリング剤よりは当然作用が弱いです。   しかし、少しずつ継続的にホームピーリングを行うと、シワの予防やニキビ対策になり …

足の臭い予防/足の臭いをとる方法

  足の臭い予防と足の臭いをとる方法 足の臭い予防や足の臭いをとる方法が、ネット上では色々紹介されています。   しかし、水虫など、足になんらかのトラブルがない限り、ほとんどの場合「靴」が原因です。 …

tie2(タイツー)を活性化する食べ物

tie2(タイツー)を活性化する食べ物は、ヒハツというコショウ科のツル性木質植物です。 一時期、ヨーロッパでスパイスとして珍重されていましたが、現在では黒コショウがそれに替わっています。 最近、血管の …

化粧水などにコットンを使用する?コットンの有無

  コットンを使うメリット 顔には凸凹があります。   なので、手のひらだと、顔の出ぱった部分に化粧水が多く付きます。   また、手のひらでまんべんなく化粧水をのばすのには無理があります。   毛穴の …