美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

日焼け止め化粧品を使うときの注意点

投稿日:

日焼け止め化粧品について

日焼け止めクリームなどの化粧品を使う前に、使用説明書を読んでいるでしょうか。

よく読んで使用しないと、日焼け止めの効果が半減することがあります。
 
 

SPFの数値の意味

SPFは、肌が日焼けで赤くなる(サンバーン)までの時間を示しています。

数値が大きいほど効果が高くなります。

しかし、肌が日焼けで赤くなるまでの時間には、個人差があります。

SPF30の化粧品を例にすると・・・

紫外線を浴びて20分で肌が赤くなる人は・・・20分×30=600分(10時間)

紫外線を浴びて30分で肌が赤くなる人は・・・30分×30=900分(15時間)

つまり、20分で日焼けする人は、SPF30の化粧品を使用すると、30倍の10時間、日焼けを防ぐことができます。

最初に時間と書きましたが、SPF30なら30倍時間を遅らせることができるということです。

日焼け止め化粧品は、100%防げるものではなく、シミができるときはできます。
 
 

日焼け止め化粧品を使うときの注意点について

日焼け止めを使用する際ですが、使用する量に注意しましょう。

女性は、使用量の4分の1しか使っていないといわれています。

この場合、効果は約20分の1に下がってしまいます(『正しいスキンケア事典』高橋書店)

使用量が少ない理由として、「ベタベタするのがイヤ!」というのが多いようです。

しかし、効果を発揮しない量では、なんにもなりません。

ですので、化粧品の説明書通りの使い方をしましょう。

また、塗った後、手やハンカチなどに触れて日焼け止め化粧品が落ちることがありますので、2、3時間おきに塗り直し(重ね塗り)をした方がいいですね。

日焼け止めは、外に出る前に塗っておくというのも大切です。
 
 
 

-美容

関連記事

オールインワン化粧品のデメリット

オールインワン化粧品のデメリットについて 2017年1月、株式会社AILE(東京都渋谷区)は、日本全国の30歳~59歳の女性約1万人を対象に、オールインワン化粧品に関するアンケートを実施しました。 そ …

紫外線対策しないとどうなる?

紫外線の有用面と有害面について 紫外線(UV)は、有害な面を強調されますが、有用な面もあります。 それをまとめると次のようになります。 紫外線の有用面 ・消毒作用 ・ビタミンDの合成 ・血行や新陳代謝 …

赤ちゃんにも使える日焼け止め「UVフェイス&ボディプロテクター」

ナチュラルオーガニックコスメ専門ブランド「チャントアチャーム(chant a charm)」から、赤ちゃんにも使える肌に優しい日焼け止めが発売されました。 商品名は、「UVフェイス&ボディプ …

顔のくすみを取る食べ物

顔のくすみを取る食べ物について 顔色がさえない、なんとなくどんよりしている、このような状態を「くすみ」と呼びます。 くすみの原因はさまざまですが、血行不良やターンオーバーの低下によるくすみは、食べ物で …

足の臭い予防/足の臭いをとる方法

  足の臭い予防と足の臭いをとる方法 足の臭い予防や足の臭いをとる方法が、ネット上では色々紹介されています。   しかし、水虫など、足になんらかのトラブルがない限り、ほとんどの場合「靴」が原因です。 …