美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

【まとめ】プラセンタの種類と安全性

投稿日:


 

プラセンタの種類の安全性について

プラエンタエキスが配合された化粧品やサプリメントが、世の中にたくさんあふれるようになりました。
 
需要の高まりから、海外から輸入するケースも増えています。
 
果たしてプラセンタは安全なのか、種類別に簡潔にまとめました。
 
 

ヒトプラセンタ

日本では、医療用としてのみ使用が許可され、化粧品や食品への使用は禁止されています。
 
医療機関では、プラセンタ注射が行われています。
 
多くは、肝障害、更年期障害の治療に使われています。
 
ちなみに、一度でもプラセンタ注射を受けてしまうと、その後献血を行うことができません。
 
病気などが伝わる可能性がゼロではないというのがその理由です。
 
 

豚プラセンタ

豚は1回の出産で多数の子供を産みます。
 
胎盤の絶対量が多く、安いので、最も多く使用されています。
 
日本SPF豚協会の基準で育てられたSPF豚の胎盤なら安全性に問題はないと言えます。
 
しかし、病気にかかりやすいだけでなく、ワクチンや薬剤を投与されている可能性も高いことから、安全性に疑問があると言われています。
 
 

羊プラセンタ

欧米では羊プラセンタが多く流通しています。
 
豚プラセンタより安全性が高く、シミ・シワの改善に効果的だと言われています。
 
しかし、羊にはスクレイピーという伝染病があるため、日本ではあまり流通していません。
 
羊プラセンタのほぼすべてが海外からの輸入で、産地証明ができるものが安全とされています。
 
 

馬プラセンタ

豚プラセンタの数百倍ものアミノ酸が含まれていていのが、馬プラセンタです。
 
しかし、馬は年に1回1頭しか出産しませんので、馬プラセンタを使用している化粧品やサプリメントは、値段が高いのがネックです。
 
日本の場合は、身元のハッキリしている北海道などのサラブレッド馬の胎盤が使用されますので、安全性に問題はありません。
 
最近では、キルギス共和国、カザフスタン共和国など、海外から輸入するケースが増えてきました。
 
海外産のプラセンタは、安全で信頼できる飼育環境と製造環境の上で製造されているかが重要です。
 
 

植物性プラセンタ

植物には胎盤がありませんので、正確にはプラセンタではありません。
 
植物の「胎座」という部分が使われます。
 
動物性プラセンタのように成長因子を含みませんので、細胞を活性化する効果はありませんが、アミノ酸やビタミンによる美肌効果には期待できます。
 
バラ、アロエ、クロレラ、ライ麦、トウモロコシ、カッコンなどの胎座が、一般的に利用されています。
 
 
 
 

-美容

関連記事

ほうれい線対策をして何歳下に見られたい?

見た目年齢を左右するのは「ほうれい線」 医療機関などに人材紹介サービスを提供している日本メディカルが、40代~60代の女性(600人)を対象に調査した結果、見た目年齢を左右するもの1位は「ほうれい線」 …

原液化粧品・原液美容液とは

原液化粧品や原液美容液という言葉がありますが、この「原液」とは、どういう意味なのでしょう? もとの成分のまま、100%その成分だけ入っているのを「原液」と呼ぶのでしょうか? そんな疑問について調べてみ …

コラーゲンを食べるのと塗るのと、どっちが効果があるの?

  「十分な栄養補給は、肌の健康の基本。外側から補うだけじゃなく、食事などで内側から補うことは、もちろんすごく大切です」と、研究者も皮膚科医も声を揃えます。   しかし・・・   食事やドリンク剤、サ …

パラベンフリーとは

  パラベンとは、パラオキシ安息香酸とアルコール類を混ぜ合わせたもの(パラオキシ安息香酸エステル類)です。   殺菌作用があるので、食品や化粧品類の防腐剤として使われています。   しかし、配合量には …

肌荒れにはビタミンB2が効く

ビタミンB2の効果について ビタミンB2は、肌細胞の新地位代謝を助けています。 つまり、古い細胞が新しく生まれ変わるのを助けているのです。 ビタミンB2は、健康な皮膚、髪、爪をつくって成長をうながしま …