美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

【まとめ】プラセンタの種類と安全性

投稿日:


 

プラセンタの種類の安全性について

プラエンタエキスが配合された化粧品やサプリメントが、世の中にたくさんあふれるようになりました。
 
需要の高まりから、海外から輸入するケースも増えています。
 
果たしてプラセンタは安全なのか、種類別に簡潔にまとめました。
 
 

ヒトプラセンタ

日本では、医療用としてのみ使用が許可され、化粧品や食品への使用は禁止されています。
 
医療機関では、プラセンタ注射が行われています。
 
多くは、肝障害、更年期障害の治療に使われています。
 
ちなみに、一度でもプラセンタ注射を受けてしまうと、その後献血を行うことができません。
 
病気などが伝わる可能性がゼロではないというのがその理由です。
 
 

豚プラセンタ

豚は1回の出産で多数の子供を産みます。
 
胎盤の絶対量が多く、安いので、最も多く使用されています。
 
日本SPF豚協会の基準で育てられたSPF豚の胎盤なら安全性に問題はないと言えます。
 
しかし、病気にかかりやすいだけでなく、ワクチンや薬剤を投与されている可能性も高いことから、安全性に疑問があると言われています。
 
 

羊プラセンタ

欧米では羊プラセンタが多く流通しています。
 
豚プラセンタより安全性が高く、シミ・シワの改善に効果的だと言われています。
 
しかし、羊にはスクレイピーという伝染病があるため、日本ではあまり流通していません。
 
羊プラセンタのほぼすべてが海外からの輸入で、産地証明ができるものが安全とされています。
 
 

馬プラセンタ

豚プラセンタの数百倍ものアミノ酸が含まれていていのが、馬プラセンタです。
 
しかし、馬は年に1回1頭しか出産しませんので、馬プラセンタを使用している化粧品やサプリメントは、値段が高いのがネックです。
 
日本の場合は、身元のハッキリしている北海道などのサラブレッド馬の胎盤が使用されますので、安全性に問題はありません。
 
最近では、キルギス共和国、カザフスタン共和国など、海外から輸入するケースが増えてきました。
 
海外産のプラセンタは、安全で信頼できる飼育環境と製造環境の上で製造されているかが重要です。
 
 

植物性プラセンタ

植物には胎盤がありませんので、正確にはプラセンタではありません。
 
植物の「胎座」という部分が使われます。
 
動物性プラセンタのように成長因子を含みませんので、細胞を活性化する効果はありませんが、アミノ酸やビタミンによる美肌効果には期待できます。
 
バラ、アロエ、クロレラ、ライ麦、トウモロコシ、カッコンなどの胎座が、一般的に利用されています。
 
 
 
 

-美容

関連記事

お尻のブツブツの原因と対処法

  お尻のブツブツや湿疹のようなものがでる原因 毛穴の中の雑菌が繁殖して炎症を起こしているのが原因だと考えられています。 雑菌の繁殖は、蒸れや摩擦によって起こることがあります。 ジーンズやナイロンの下 …

髪の毛のうねりを直す洗い流さないヘアトリートメント

髪の毛のうねりを直す洗い流さないヘアトリートメントについて ナリス化粧品から、洗い流さないヘアトリートメント「エクメールソフトグロッシーオイルミスト」が、2017年2月21日に発売されました。 201 …

笑いジワが目尻に目立つのを改善するには

笑いジワの原因 笑うと目尻のシワが目立つ。 口元を動かすとほうれい線が目立つ。 これらは表情ジワの可能性があります。 表情ジワは、繰り返し同じところにシワをよせることによって、皮膚がシワの形を覚えてし …

tie2(タイツー)を活性化する食べ物

tie2(タイツー)を活性化する食べ物は、ヒハツというコショウ科のツル性木質植物です。 一時期、ヨーロッパでスパイスとして珍重されていましたが、現在では黒コショウがそれに替わっています。 最近、血管の …

汗の臭いについて

汗はなぜ臭うの? 「汗くさい」とよく言いますが、汗は無臭です。 くさいのは、皮脂の臭いです。 運動などで汗がついたシャツがくさくなることがありますが、それは皮脂がシャツに付着していて、皮脂が酸化するこ …