美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

セラミド配合の化粧品の選び方

投稿日:

セラミドとは

角質層の細胞と細胞の間には、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)という物質があります。

この細胞間脂質は、水分を蓄えて肌を保湿し、細胞と細胞間を埋めることで外部の刺激から守る働きをしています。
 
 
セラミドは、細胞間脂質の中にあって、約40%~50%を占める保湿物質です。

しかし・・・

肌の中のセラミドは20歳を過ぎると徐々に減り始め、20歳前後に100%だった角質中のセラミド含有量が、40歳前後で約50%、70歳前後で約30%になってしまいます。
引用:スキンケア大学

 
 
セラミドが減少し肌の乾燥状態が続くと、角質層はこれ以上水分を逃がさないように、あるいは、肌内部を守るため厚くなります。

弾力のない硬くゴワついた肌は、これが原因です。
 
 
セラミドは、肌表面の角質層にありますので、飲むよりは直接外から肌に補給する方が効果的です。
 
 

セラミド配合の化粧品の選び方について

化粧品に配合されているセラミドには、「天然セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」の4つのタイプがあります。

この中で、ヒトの角質層の中に存在するセラミドとほぼ同じなのが、ヒト型セラミドです。
 
ヒト型セラミドは、他のセラミドより保湿性と浸透性に優れています。
 
 

セラミド配合の化粧品を選ぶ際のポイント

セラミドは脂質なので、水にはほとんど溶けません。

ですので、大半の成分が水である化粧水(ローション)は選ばす、美容液やクリームに配合されている化粧品を選びましょう。
 
 
成分表に「セラミド」としか書いていない化粧品は、セラミドに類似した成分の可能性があります。

セラミド1、セラミド2というように、数字がセラミドのあとに書かれているか、または、セラミドNPのようにアルファベットが書かれているか確認しましょう。

セラミド1=セラミドEOP
セラミド2=セラミドNS=セラミドNG
セラミド3=セラミドNP
セラミド4=セラミドEOH
セラミド5=セラミドAS
セラミド6=セラミドAP
セラミド7=セラミドAH
セラミド8=セラミドNH
セラミド9=セラミドEOS
 
 
セラミドは、化粧品原料としては比較的高価なものです。

数字やアルファベットが書かれていても、極端に安い化粧品はセラミドの配合量が少ない可能性があります。

※配合量は企業秘密なので、通常、公表されません。

価格的には美容液1本(約30mL)で3千円以上を目安にしましょう。
吉木伸子『スキンケア美容医学事典』(池田書店)

 
 
 
 

-美容

関連記事

エモリエントの意味/エモリエントとは

エモリエントの意味について エモリエント(emollient)は、日本語では柔軟化と呼ばれています。 エモリエントとは、肌表面から水分が蒸発しないように、油膜を付着して水分を保ち、皮膚を柔らかくするこ …

顔のくすみを取る食べ物

顔のくすみを取る食べ物について 顔色がさえない、なんとなくどんよりしている、このような状態を「くすみ」と呼びます。 くすみの原因はさまざまですが、血行不良やターンオーバーの低下によるくすみは、食べ物で …

鼻が赤くなる原因と対策

鼻が赤くなる原因と対策について 鼻が赤くなっている状態を一般には、赤ら顔と言います。 また、酒さ(しゅさ)とも言います。 医学的には、赤ら顔は、毛細血管拡張症という病名で呼ばれています。 鼻、ホホなど …

ほうれい線を消すツボとベロ回し

    ほうれい線を消すツボとベロ回しの方法 ほうれい線は、顔のハリや弾力が失われているのが原因です。 ハリや弾力があると、笑ってもすぐにシワは元に戻りますが、失われるとなかなか戻りません。 これが続 …

ほうれい線対策をして何歳下に見られたい?

見た目年齢を左右するのは「ほうれい線」 医療機関などに人材紹介サービスを提供している日本メディカルが、40代~60代の女性(600人)を対象に調査した結果、見た目年齢を左右するもの1位は「ほうれい線」 …