美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

セラミド配合の化粧品の選び方

投稿日:

セラミドとは

角質層の細胞と細胞の間には、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)という物質があります。

この細胞間脂質は、水分を蓄えて肌を保湿し、細胞と細胞間を埋めることで外部の刺激から守る働きをしています。
 
 
セラミドは、細胞間脂質の中にあって、約40%~50%を占める保湿物質です。

しかし・・・

肌の中のセラミドは20歳を過ぎると徐々に減り始め、20歳前後に100%だった角質中のセラミド含有量が、40歳前後で約50%、70歳前後で約30%になってしまいます。
引用:スキンケア大学

 
 
セラミドが減少し肌の乾燥状態が続くと、角質層はこれ以上水分を逃がさないように、あるいは、肌内部を守るため厚くなります。

弾力のない硬くゴワついた肌は、これが原因です。
 
 
セラミドは、肌表面の角質層にありますので、飲むよりは直接外から肌に補給する方が効果的です。
 
 

セラミド配合の化粧品の選び方について

化粧品に配合されているセラミドには、「天然セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」の4つのタイプがあります。

この中で、ヒトの角質層の中に存在するセラミドとほぼ同じなのが、ヒト型セラミドです。
 
ヒト型セラミドは、他のセラミドより保湿性と浸透性に優れています。
 
 

セラミド配合の化粧品を選ぶ際のポイント

セラミドは脂質なので、水にはほとんど溶けません。

ですので、大半の成分が水である化粧水(ローション)は選ばす、美容液やクリームに配合されている化粧品を選びましょう。
 
 
成分表に「セラミド」としか書いていない化粧品は、セラミドに類似した成分の可能性があります。

セラミド1、セラミド2というように、数字がセラミドのあとに書かれているか、または、セラミドNPのようにアルファベットが書かれているか確認しましょう。

セラミド1=セラミドEOP
セラミド2=セラミドNS=セラミドNG
セラミド3=セラミドNP
セラミド4=セラミドEOH
セラミド5=セラミドAS
セラミド6=セラミドAP
セラミド7=セラミドAH
セラミド8=セラミドNH
セラミド9=セラミドEOS
 
 
セラミドは、化粧品原料としては比較的高価なものです。

数字やアルファベットが書かれていても、極端に安い化粧品はセラミドの配合量が少ない可能性があります。

※配合量は企業秘密なので、通常、公表されません。

価格的には美容液1本(約30mL)で3千円以上を目安にしましょう。
吉木伸子『スキンケア美容医学事典』(池田書店)

 
 
 
 

-美容

関連記事

日焼け止め「SPF」の使い分け

日焼け止め「SPF」の使い分けについて   SPF PA 日常生活(買い物、散歩) 10前後 + レジャー、屋外での軽いスポーツ 10~30 + + 夏の海や山、冬のスキー場、長時間のレジャー、炎天下 …

Tie2(タイツー)とむくみの関係

Tie2(タイツー)とむくみの関係について、できるだけ簡単に説明しています。 Tie2(タイツー)とむくみの関係がわかり、対策をすると、むくみが改善する可能性があります。     Tie2(タイツー) …

大人ニキビのケア方法

大人ニキビのケア方法について 健康な肌になれば、繰り返しニキビを改善することができます。 ・質のいい睡眠 ・バランスのとれた食事 ・紫外線対策 ・保湿 ・ストレスをなくす これらは、健康な肌、つまりニ …

足の臭い予防/足の臭いをとる方法

  足の臭い予防と足の臭いをとる方法 足の臭い予防や足の臭いをとる方法が、ネット上では色々紹介されています。   しかし、水虫など、足になんらかのトラブルがない限り、ほとんどの場合「靴」が原因です。 …

ベビーパウダーでニキビは治るの?

ベビーパウダーでニキビは治りません。 原料であるタルクに問題があるようです。     ベビーパウダーは、赤ちゃんのスキンケア用のパウダーの総称です。 主に、赤ちゃんの“あせも”や“ただれ”防止に使われ …