美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

オールインワン化粧品のデメリット

投稿日:

オールインワン化粧品のデメリットについて

2017年1月、株式会社AILE(東京都渋谷区)は、日本全国の30歳~59歳の女性約1万人を対象に、オールインワン化粧品に関するアンケートを実施しました。

その中で、オールインワン化粧品の印象について、35.2%の女性が、「スキンケアが1度で済むので忙しい時もケアが可能」と回答しています。

また、「化粧水・乳液・美容液など、単品で買うよりも節約できる」と回答した人は9.0%でした。

これらからすると、オールインワン化粧品を使うメリットは、時短とお金の節約にあると言えます。
 
 
一方で、「化粧水・乳液・美容液などの単品商品より効果が落ちる」(16.9%)、「保湿力や浸透力がそれほど期待できず、時間が経つと乾燥する」(10.6%)、「ベタベタしすぎて、化粧よれが気になる」(6.5%)という回答があり、合わせて34.0%の方がオールインワン化粧品のデメリットの方に強い印象を持っています。

 
 

オールインワン化粧品のデメリットその1

洗顔後につける化粧品の順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームが一般的です。

肌に水分と美容成分を補給し、これらを閉じ込めるという順番です。

これを一度で済ませるのですから、無理が生じます。
 
 
例えば、美容成分の浸透を油分がじゃまをするということが考えられます。

化粧印会社は、研究を重ね、この点は解決しているのでしょうが、その分人によってはよくない成分が含まれている可能性があります。
 
 

オールインワン化粧品のデメリットその2

オールインワンは、化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地などが1つになっていますので、配合されている成分も多くなります。

成分が多い分、肌に合わない確率が高く、肌トラブルを起こすリスクも高くなります。
 
 

オールインワン化粧品のデメリットその3

肌の状態や季節などによって、水分や油分の補給バランスを変える必要が出てきます。つまり、保湿美容液を夏は少なめ冬は多めにする、冬は口元だけクリームを足すという微調整が必要です。オールインワン化粧品だとそれができません。
『正しいスキンケア事典』(高橋書店)

 
 

オールインワン化粧品のメリット

では、単体の化粧品より効果の落ちるオールインワン化粧品は、使わないほうがいいのかというと、そうではありません。最小限の効果にとどめたオールインワン化粧品を使うことによって、自立した肌が強くなる場合もあります。
 
保湿効果が高い、美白効果が高いなど、商品の特徴に合わせて、自分の肌に合ったものを見つけることができれば、これほど心強いものはないでしょう。
『医師が教える正しいスキンケア大全』(宝島社)

 
 
株式会社AILEによるその他の調査結果はこちら
https://deciel-shop.com/research_jan2017/
 
 
 

-美容

関連記事

ホームピーリング化粧品の選び方

ホームピーリング用の化粧品に配合されているピーリング剤は、クリニックで使われるピーリング剤よりは当然作用が弱いです。   しかし、少しずつ継続的にホームピーリングを行うと、シワの予防やニキビ対策になり …

最低限必要なお肌の手入れ

  最低限必要なお肌の手入れは、次の3つです。 ・洗顔 ・保湿 ・紫外線対策 (近藤須雅子『9割の人が間違っている化粧品「効きめ」の真実』講談社)     洗顔-クレンジングと洗顔料について- クレン …

日焼け止め化粧品を使うときの注意点

日焼け止め化粧品について 日焼け止めクリームなどの化粧品を使う前に、使用説明書を読んでいるでしょうか。 よく読んで使用しないと、日焼け止めの効果が半減することがあります。     SPFの数値の意味 …

鼻が赤くなる原因と対策

鼻が赤くなる原因と対策について 鼻が赤くなっている状態を一般には、赤ら顔と言います。 また、酒さ(しゅさ)とも言います。 医学的には、赤ら顔は、毛細血管拡張症という病名で呼ばれています。 鼻、ホホなど …

「レスベラトロールの水」の効果

「レスベラトロールの水」の効果について 株式会社わかさ生活の「レスベラトロールの水」が注目を集めています。 北欧の妖精と呼ばれ、世界のモデルTOP50にも選ばれたスエーデンのスーパーモデルのフリーダ・ …