美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

ベビーパウダーでニキビは治るの?

投稿日:

ベビーパウダーでニキビは治りません。

原料であるタルクに問題があるようです。
 
 
ベビーパウダーは、赤ちゃんのスキンケア用のパウダーの総称です。

主に、赤ちゃんの“あせも”や“ただれ”防止に使われます。

パウダーには、汗や水分を吸収・撥水する作用があります。
 
 
ベビーパウダーは、タルクとコーンスターチを原料としています。

タルクは、滑石(かっせき)という天然石を粉にしたものです。

また、コーンスターチは、トウモロコシからつくられたデンプンです。
 
 
タルクは、汗や水分を吸収し蒸発させる働きをします。

コーンスターチは、皮脂や汗を吸収しますが、肌が乾燥してくると水分を放出し、肌を保湿する働きがあります。
 
 

なぜベビーパウダーでニキビが治らないの?

毛穴に皮脂や汚れがたまるとよくないですよね。

毛穴の大きさは、約0.2mmです。

一方タルクの大きさは、約0.01mmです。
 
 
大きさを比べると、簡単にタルクの粒が毛穴に入り込めることがわかります。

ニキビは、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビという順に悪化していきます。

白ニキビや黒ニキビの段階では、まだ毛穴の口が開いていますので、ここにベビーパウダーを使用すると毛穴にタルクがつまり、悪化してしまいます。

赤ニキビの段階では、毛穴の口が閉じられ、毛穴の中で炎症が起こっている状態ですので、ベビーパウダーの影響はあまりないと思われます。
 
 

なぜベビーパウダーでニキビが治るという話になったの?

先に書きましたが、コーンスターチが皮脂を吸収し、肌がサラサラになるからです。

皮脂はニキビの大敵ですからね。
 
 
 

-美容

関連記事

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

基礎化粧品の乳液とクリームの違い スキンケアのための化粧品(基礎化粧品)を使う順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームと書かれていることが多いと思います。 化粧水で肌を整え、美容液で水分や美容成分を補い …

敏感肌の日焼け止めは何がいい?

  敏感肌の日焼け止めについて 敏感肌なので、日焼け止めを使わない方がおられます。 しかし、敏感肌の方こそ紫外線のダメージを受けやすいので、日焼け止めで肌を守ることが大切です。 敏感肌には、紫外線吸収 …

カサカサ肌によい食べ物

カサカサ肌によい食べ物について 肌が乾燥していると、様々な肌トラブルが起こります。 例えば、大人ニキビもその一つ。 肌が乾燥すると、それを保護するために角質が厚くなります。 やがて角質は毛穴をふさぎま …

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料を使用していない有機栽培(オーガニック)で栽培された植物や精油などを使用している製品のことです。 また、容器が再利用できたり、再生紙を使用しているなど、環境や資源 …

Tie2(タイツー)とむくみの関係

Tie2(タイツー)とむくみの関係について、できるだけ簡単に説明しています。 Tie2(タイツー)とむくみの関係がわかり、対策をすると、むくみが改善する可能性があります。     Tie2(タイツー) …