美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

たるみ毛穴の開きを治す方法

投稿日:

たるみ毛穴とは

たるみ毛穴とは、たて長に広がっている毛穴のことを言います。

帯状毛穴、涙毛穴とも言われています。

鼻に近い部分から目立ち始め、頬に多くみられるようになります。

やがて顔の表情の動きによって、たるみ毛穴がつながった状態になり、溝ができてシワが刻まれます。


 
 

たるみ毛穴の原因

毛穴が開いてしまう原因は、毛穴のまわりの皮脂の過剰分泌によります。

余分な皮脂は空気と触れることで酸化し、皮膚の老化を早めます。

また、多くは加齢により、毛穴のまわりのコラーゲンやエラスチンが減少すると、毛穴を支えきれなくなって毛穴が広がってしまいます。

これに、表情筋の動きが加わることで、しずく状にたれ下がります。

さらに、紫外線、睡眠不足、女性ホルモンであるエストロゲンの減少などが、たるみ毛穴を加速させます。
 
 

たるみ毛穴の開きを治すには

開いてしまった毛穴を元の状態に戻すのは、難しいようです。

開いてしまった毛穴は、収れん作用のある化粧品でケアします。

つまり、毛穴を引き締めることで、毛穴を目立たなくさせます。

<収れん作用のある成分>
・ビタミンC誘導体

・植物抽出エキス(ハマメリスエキス 、アーチチョーク葉エキス 、カテキンなど)

・有機酸(タンニン酸 、クエン酸 、乳酸など)

・アルコール分(エタノール、メントールなど)
 
 

たるみを改善するには

毛穴の土台であるコラーゲンとエラスチンを強化することで、たるみが改善する可能性があります。

また、ホームピーリングを定期的に行うと効果的です。
 
 

コラーゲンとエラスチンを強化できる成分

レチノール
レチノールは、ビタミンAの一種で、コラーゲンを増やす強い作用があります。

ナイアシン
ナイアシンは、ビタミンB3のことで、皮膚を健康に保つ働きがあります。

また、抗酸化作用やコラーゲンを増やす作用もあります。

レチノールは刺激が強いので、敏感肌の方はナイアシンの方がおすすめです。

ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体は、毛穴の引き締め、毛穴のたるみ、美白、シワ、シミなど、さまざまな肌のトラブルに対応します。

リン酸パルミチン酸型(APPS)かリン酸型(リン酸アスコルビル)が、毛穴には有効です。
 
 

ピーリング

古い角質を取り除くことで、肌の代謝を高め、肌全体の若返り効果があります。

また、真皮にあるコラーゲンを増やす作用があり、毛穴のゆるみを防ぐ効果もあります。

ただ、肌への負担が大きいので、ホームピーリングを行う場合は、洗い流すタイプのピーリング化粧品を選びましょう。
 
 
 

-美容

関連記事

目の下のクマを治す方法

  目の下のクマを治す方法について 目の下のクマを治す方法 まず、目の下のクマには3種類あり、それそれによって治す方法が異なりますので、それぞれについて説明します。     青グマ クマが青い場合は、 …

セラミド配合の化粧品の選び方

セラミドとは 角質層の細胞と細胞の間には、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)という物質があります。 この細胞間脂質は、水分を蓄えて肌を保湿し、細胞と細胞間を埋めることで外部の刺激から守る働きをしています …

笑いジワが目尻に目立つのを改善するには

笑いジワの原因 笑うと目尻のシワが目立つ。 口元を動かすとほうれい線が目立つ。 これらは表情ジワの可能性があります。 表情ジワは、繰り返し同じところにシワをよせることによって、皮膚がシワの形を覚えてし …

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

基礎化粧品の乳液とクリームの違い スキンケアのための化粧品(基礎化粧品)を使う順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームと書かれていることが多いと思います。 化粧水で肌を整え、美容液で水分や美容成分を補い …

頭皮の乾燥対策

頭皮の乾燥について きちんと洗っているのに頭皮が乾燥する、フケが出る、かゆい、という場合は、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の可能性があります。 根本原因はよくわかっていませんが、マラセチアというカ …