美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

投稿日:

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

スキンケアのための化粧品(基礎化粧品)を使う順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームと書かれていることが多いと思います。

化粧水で肌を整え、美容液で水分や美容成分を補います。

そして、乳液の後にクリームを使用すると説明されています。
 

しかし、乳液とクリームを使う目的は、両方とも肌に油分を補い、肌から水分が蒸発するのを防ぐためにです。
 
目的が同じであれば、両方使う必要があるのでしょうか。

乳液とクリームの違いについて調べてみました。
 
 

乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。
『正しいスキンケア事典』(高橋書店)
乳液とクリームの成分は油分以外ほぼ同じなんだ。
『コスメティックQ&A』(中央書院)

とあるように、乳液とクリームの違いは、水と油分の配合量、油分の成分です。
 
 

水と油分の配合量

乳液は、20~30%の油分を含んでいます。

クリームは、油分が10~25%のバニシングクリームタイプ、油分が25~50%のエモリエントクリームタイプ、油分が50%以上のコールドクリームタイプに分けられます。
 
 

油分の成分

乳液は、スクワラン、オリーブ油、ホホバ油、シリコーン油などの流動性油分が使われます。

クリームは、ミツロウ、スクワランなどの固形、半固形の流動性の少ない油分が使われます。
 
 

乳液とクリームの使い分け

水分を閉じ込めるという目的は同じなので、両方使う必要はありません。

乳液液で顔全体にフタをし、乾燥など気になる部分にクリームを塗るという使い方をすればよいと思います。

また、水分と共に皮脂の分泌が減少する40代からは、乳液とクリームの両方を使い、皮脂の多い方は、油分の少ない乳液だけ使うという方法もあります。
 
 
 
 

-美容

関連記事

化粧が濃いと言われる理由

化粧が濃いと言われる理由について 自分は化粧が濃いとは思わないのに、第三者から「今日は化粧が濃いんじゃない?」と言われたことがありませんか。 生理前は、女性ホルモンの影響で血流が悪くなり、顔色がさえな …

紫外線対策しないとどうなる?

紫外線の有用面と有害面について 紫外線(UV)は、有害な面を強調されますが、有用な面もあります。 それをまとめると次のようになります。 紫外線の有用面 ・消毒作用 ・ビタミンDの合成 ・血行や新陳代謝 …

ほうれい線対策をして何歳下に見られたい?

見た目年齢を左右するのは「ほうれい線」 医療機関などに人材紹介サービスを提供している日本メディカルが、40代~60代の女性(600人)を対象に調査した結果、見た目年齢を左右するもの1位は「ほうれい線」 …

女性の鼻毛処理/鼻毛脱毛ってどうするの?

鼻毛が出ている人の印象 脱毛に関するノウハウサイト「NII-NA(ニーナ)」によると、女性が見て、男性のむだ毛で許せない箇所は、1位が鼻毛だそうです。     「鼻毛が出ているなんて、身だしなみとして …

バカ売れ!ポーラの「リンクルショット メディカル セラム」の口コミ

リンクルショット メディカル セラムについて ポーラのシワを改善する美容液「リンクルショット メディカル セラム」が、バカ売れ状態です。 2017年1月1日に発売を開始して以来、1ヵ月で初年度の売り上 …