美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

投稿日:

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

スキンケアのための化粧品(基礎化粧品)を使う順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームと書かれていることが多いと思います。

化粧水で肌を整え、美容液で水分や美容成分を補います。

そして、乳液の後にクリームを使用すると説明されています。
 

しかし、乳液とクリームを使う目的は、両方とも肌に油分を補い、肌から水分が蒸発するのを防ぐためにです。
 
目的が同じであれば、両方使う必要があるのでしょうか。

乳液とクリームの違いについて調べてみました。
 
 

乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。
『正しいスキンケア事典』(高橋書店)
乳液とクリームの成分は油分以外ほぼ同じなんだ。
『コスメティックQ&A』(中央書院)

とあるように、乳液とクリームの違いは、水と油分の配合量、油分の成分です。
 
 

水と油分の配合量

乳液は、20~30%の油分を含んでいます。

クリームは、油分が10~25%のバニシングクリームタイプ、油分が25~50%のエモリエントクリームタイプ、油分が50%以上のコールドクリームタイプに分けられます。
 
 

油分の成分

乳液は、スクワラン、オリーブ油、ホホバ油、シリコーン油などの流動性油分が使われます。

クリームは、ミツロウ、スクワランなどの固形、半固形の流動性の少ない油分が使われます。
 
 

乳液とクリームの使い分け

水分を閉じ込めるという目的は同じなので、両方使う必要はありません。

乳液液で顔全体にフタをし、乾燥など気になる部分にクリームを塗るという使い方をすればよいと思います。

また、水分と共に皮脂の分泌が減少する40代からは、乳液とクリームの両方を使い、皮脂の多い方は、油分の少ない乳液だけ使うという方法もあります。
 
 
 
 

-美容

関連記事

混合肌とは/混合肌に合う化粧水

混合肌とは 混合肌とは、顔の部分によって違うタイプの肌のことをいいます。 ・顔のある部分だけが脂性だけど、その他は普通である。 ・顔のある部分だけが乾燥するけれど、その他は普通である。 ・顔のある部分 …

ベビーパウダーでニキビは治るの?

ベビーパウダーでニキビは治りません。 原料であるタルクに問題があるようです。     ベビーパウダーは、赤ちゃんのスキンケア用のパウダーの総称です。 主に、赤ちゃんの“あせも”や“ただれ”防止に使われ …

還元型コエンザイムQ10の効果と副作用

還元型コエンザイムQ10について コエンザイムQ10(ビタミンQ)は、もともと心臓病の薬として使われていました。 現在ではその効果が疑問視されている場合があります。 例えば、不整脈治療の医薬品としては …

乾燥肌のファンデーションはパウダータイプ?リキッドタイプ?

    乾燥肌のファンデーションはどのタイプがいいのか 乾燥肌の方は、リキッドタイプのファンデーションを選ぶ傾向にあります。 それは、パウダーだと皮脂や水分を吸収するので、かえって肌が乾燥しそうな気が …

正しいシャンプー効果的なトリートメントの仕方

  正しいシャンプーと効果的なトリートメントの仕方とは シャンプー前のブラッシングとお湯で髪を濡らす際に、ほとんどのよごれは落ちてしまいます。   シャンプーをたくさんつけたり、シャンプーをつけた状態 …