美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

投稿日:

基礎化粧品の乳液とクリームの違い

スキンケアのための化粧品(基礎化粧品)を使う順番は、化粧水→美容液→乳液→クリームと書かれていることが多いと思います。

化粧水で肌を整え、美容液で水分や美容成分を補います。

そして、乳液の後にクリームを使用すると説明されています。
 

しかし、乳液とクリームを使う目的は、両方とも肌に油分を補い、肌から水分が蒸発するのを防ぐためにです。
 
目的が同じであれば、両方使う必要があるのでしょうか。

乳液とクリームの違いについて調べてみました。
 
 

乳液とクリームの違い

乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。
『正しいスキンケア事典』(高橋書店)
乳液とクリームの成分は油分以外ほぼ同じなんだ。
『コスメティックQ&A』(中央書院)

とあるように、乳液とクリームの違いは、水と油分の配合量、油分の成分です。
 
 

水と油分の配合量

乳液は、20~30%の油分を含んでいます。

クリームは、油分が10~25%のバニシングクリームタイプ、油分が25~50%のエモリエントクリームタイプ、油分が50%以上のコールドクリームタイプに分けられます。
 
 

油分の成分

乳液は、スクワラン、オリーブ油、ホホバ油、シリコーン油などの流動性油分が使われます。

クリームは、ミツロウ、スクワランなどの固形、半固形の流動性の少ない油分が使われます。
 
 

乳液とクリームの使い分け

水分を閉じ込めるという目的は同じなので、両方使う必要はありません。

乳液液で顔全体にフタをし、乾燥など気になる部分にクリームを塗るという使い方をすればよいと思います。

また、水分と共に皮脂の分泌が減少する40代からは、乳液とクリームの両方を使い、皮脂の多い方は、油分の少ない乳液だけ使うという方法もあります。
 
 
 
 

-美容

関連記事

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料を使用していない有機栽培(オーガニック)で栽培された植物や精油などを使用している製品のことです。 また、容器が再利用できたり、再生紙を使用しているなど、環境や資源 …

かかとの角質ケア方法

かかとの角質ケア方法について 次のような方法で、私はかかとの角質ケアをしています。 ・お風呂に入って角質を柔らかくする ・軽くタオルで水分を拭き取り乾かす ・かかと専用の“やすり”で角質を取る ・かか …

Tie2(タイツー)とむくみの関係

Tie2(タイツー)とむくみの関係について、できるだけ簡単に説明しています。 Tie2(タイツー)とむくみの関係がわかり、対策をすると、むくみが改善する可能性があります。     Tie2(タイツー) …

毛穴の汚れを除去する「毛穴洗浄 角栓クリア EH-SP55」/パナソニック

毛穴洗浄 角栓クリア EH-SP55について パナソニックは、黒ずみの原因となる詰まった角栓や汚れを除去する「毛穴洗浄 角栓クリア EH-SP55」を2017年5月1日に発売します。     角栓を毛 …

レチノール配合の化粧品はシワを改善する効果があるの?

レチノールの特徴と美容効果 シワを改善する効果が期待できる成分として、レチノールが注目され、様々な化粧品に配合されています。 はたして本当に効果があるのか気になり、調べてみました。     レチノール …