美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

健康

スギ花粉症に効く漢方

投稿日:

スギ花粉症に効く漢方について

スギ花粉症に効く漢方として、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が、鼻水の多い花粉症に効きます。

小青竜湯は、麻黄(まおう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、半夏(はんげ)、五味子(ごみし)、細辛(さいしん)、乾姜(かんきょう)、甘草(かんぞう)からなる漢方です。

これらの生薬が、くしゃみや鼻水を和らげます。
 
 
鼻づまりが中心という方は、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)という漢方の方が効きます。
 
 

スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎の原因

漢方医学では、スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎は、体の中にたまった水が原因だとしています。
 
 
冷たいものを食べたり飲んだりしていると、胃腸の働きが弱ります。

これに過労やストレスが加わると、さらに胃腸の働きが悪化します。

胃腸の働きが弱まると、消化吸収力が低下し、余分な水分が残ります。

そして、体の生理機能に影響を与え、鼻や喉の働きも低下してしまいます。
 
 
この流れをみていくと、スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎を改善するには、胃や腸を冷やさないことが大切だということがわかります。

それと、過労とストレスのない日常生活を送ることも大切です。

現代社会において、過労とストレスのない生活というのは難し話しですが、睡眠時間をできるだけ多くとることを心がけたいですね。
 
 
 

-健康

関連記事

りきむ(いきむ)のがしんどくなった50代からの便秘解消法

年齢が50代になると、少しずつパワーの衰えを感じます。 「毎朝便を出したい!」という気持ちはあっても、便器に座って、りきむ(いきむ)のもしんどくなることがあります。 それに、りきむ(いきむ)と、痔にな …

目や鼻の不快感を軽減するサプリメント「宮古BP ビデンス・ピローサ」

「宮古BP ビデンス・ピローサ」について 「宮古BP ビデンス・ピローサ」は、目や鼻の不快感を軽減する機能性表示食品です。 多くの人が悩んでいる ムズムズの不快感 目や鼻のガビガビ お医者さんの薬を飲 …

ゴールデンミルクの効果

ゴールデンミルクとは ゴールデンミルクとは、牛乳にターメリック(ウコン)パウダーを溶かした飲み物です。 ターメリックパウダーは黄色いので、牛乳と混ぜると「黄金」色になります。 ゴールデンミルクは、牛乳 …

サプリメントを飲むタイミング/食前・食後・空腹時?

サプリメントを飲むタイミングについて サプリメントは、食後に飲んだらいいのか、食前・食間の空腹時に飲んだらいいのかわからないものがあります。 「毎食後3粒飲んでください。」などと、説明書やパッケージに …

脂肪の吸収を抑える成分をチェック!その2

前回は、脂肪の吸収を抑える成分として「キトサン」をご紹介しました。 今回は、「サポニン」と「デファットゲン」という成分をご紹介します。     脂肪の吸収を抑える成分「サポニン」 大豆の苦味や渋み成分 …