美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

健康

スギ花粉症に効く漢方

投稿日:

スギ花粉症に効く漢方について

スギ花粉症に効く漢方として、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が、鼻水の多い花粉症に効きます。

小青竜湯は、麻黄(まおう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、半夏(はんげ)、五味子(ごみし)、細辛(さいしん)、乾姜(かんきょう)、甘草(かんぞう)からなる漢方です。

これらの生薬が、くしゃみや鼻水を和らげます。
 
 
鼻づまりが中心という方は、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)という漢方の方が効きます。
 
 

スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎の原因

漢方医学では、スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎は、体の中にたまった水が原因だとしています。
 
 
冷たいものを食べたり飲んだりしていると、胃腸の働きが弱ります。

これに過労やストレスが加わると、さらに胃腸の働きが悪化します。

胃腸の働きが弱まると、消化吸収力が低下し、余分な水分が残ります。

そして、体の生理機能に影響を与え、鼻や喉の働きも低下してしまいます。
 
 
この流れをみていくと、スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎を改善するには、胃や腸を冷やさないことが大切だということがわかります。

それと、過労とストレスのない日常生活を送ることも大切です。

現代社会において、過労とストレスのない生活というのは難し話しですが、睡眠時間をできるだけ多くとることを心がけたいですね。
 
 
 

-健康

関連記事

そば茶の効能/美肌にもよい理由とは・・・

そば茶が、じわじわ人気上昇中です。 東京の「蕎麦カフェ&バル BWCAFE」というお店(新宿区大久保2-7-5)では、イタリアンと蕎麦の創作料理が食べられ、最近、女性に人気です。     そば茶の効能 …

妊娠と女性ホルモンについて/エストロゲンとプロゲステロン

  妊娠と女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」とは 2大女性ホルモンとされているのが、エストロゲンとプロゲステロン。   妊娠にとても影響する女性ホルモンです。   この2大ホルモンについ …

脂肪の吸収を抑える成分をチェック!その2

前回は、脂肪の吸収を抑える成分として「キトサン」をご紹介しました。 今回は、「サポニン」と「デファットゲン」という成分をご紹介します。     脂肪の吸収を抑える成分「サポニン」 大豆の苦味や渋み成分 …

なぜ冬にやせるのか?冬太りの原因と対策/所さんの目がテン!より

  冬にやせやすい理由と冬太りの原因と対策について   冬になると太るというので、「冬太り」という言葉があります。   しかし、冬はやせやすいという専門家もいます。   2014年ですが、所さんの目が …

グリコ「アーモンド効果」の効果が気になる

グリコ「アーモンド効果」のCMが気になったので、効果を調べてみました。 グリコは、「アーモンド効果」を飲むと、「1日分のビタミンE」と「食物繊維」が摂れるというのを強調しています。     ビタミンE …