美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

健康

冬に体臭が気になる理由

投稿日:

 
 

冬に体臭が気になるのは・・・

冬、着こんだ服の胸元のすき間から、体臭を感じることはないでしょうか。

毎日体を洗っているのに、夏には臭わなかったのに、体臭が気になることがあります。

それは、次のような理由が考えられます。
 

・冬は通気性の悪い衣服を着ている。

・閉め切った部屋で暖房をきかせるのでニオイがこもりやすい。

・冬は基礎代謝が高くなり夏より汗をかくようになる。

・冬はタンパク質の多い食事をとるので汗をかきやすい。

 
 

冬は通気性の悪い衣服を着ている

夏は薄着で風通しがよく、体臭が薄いうちに外に出て行きます。

しかし、冬は、密閉性の高い服を着ますので、体臭が外に出にくくなります。

ニオイはワキの空間にたまりやすく、そこで濃縮されます。

そして、開いている胸元からニオイガもれてきます。
 
 
また、夏は服を頻繁に洗っていたけれど、冬は夏ほどではありません。

着る時は気づかずに、体臭がしみついた服を着ていることがあります。
 
 

冬は部屋を閉め切っている

冬にバスや電車に乗り込んだとき、むぅっとしたニオイがしますが、いろんなニオイがこもっている状態です。

また、冬は部屋も窓も閉め切り、暖房のきいたところで過ごすので、ニオイがこもりがちです。

これらのニオイが、髪の毛や服に付着して臭うことがあります。
 
 

冬は夏より汗をかく

冬は夏より基礎代謝(きそたいしゃ)が上がります。

基礎代謝とは、何もせずにじっとしていも、生命維持のために消費されるカロリーのことです。

気温が低い冬には、体温を保つために何もしなくてもカロリーを消費して熱を作ります。

これが冬は夏より汗をかく理由です。

汗をかいても着こんでいますので、汗のニオイがこもりやすくなります。
 
 

冬はタンパク質の多い食事をとる

冬になると、タンパク質を多く食べるようになります。

タンパク質は糖類に比べて5倍の熱になるので、汗をかきやすくなります。
 
 
夏は脇の手入れやニオイ対策をしますが、冬は手を抜いていることも、冬に体臭が気になる原因です。

以上みてきたように、冬こそニオイ対策をした方がよいと言えます。

ただ、自分が思っているほど体臭がしていないことがありますので、神経質にならないように注意しましょう。
 
 
 
 

-健康

関連記事

免疫力をアップさせる食べ物

  免疫力をアップさせる食べ物について   免疫力とは、インフルエンザウイルスなどの外敵から身を守る自己防衛能力のことです。   免疫力を保つには、まんべんなく、バランスよく食事を摂ることが重要です。 …

不眠対策グッズ

不眠対策グッズについて ブルーライトによって、不眠(睡眠障害)になっている方が増えています。 ブルーライトは、パソコンやスマホのディスプレイから出ている光です。 夜、ブルーライトが眼に入ると、脳は「今 …

還元型コエンザイムQ10の効果と副作用

還元型コエンザイムQ10について コエンザイムQ10(ビタミンQ)は、もともと心臓病の薬として使われていました。 現在ではその効果が疑問視されている場合があります。 例えば、不整脈治療の医薬品としては …

サプリメントを飲むタイミング/食前・食後・空腹時?

サプリメントを飲むタイミングについて サプリメントは、食後に飲んだらいいのか、食前・食間の空腹時に飲んだらいいのかわからないものがあります。 「毎食後3粒飲んでください。」などと、説明書やパッケージに …

【女性の円形脱毛症】市販されている漢方薬

突然現れる円形脱毛症 突然、10玉サイズの脱毛部ができる円形脱毛症。 「えっ」と思いますよね。 かなりショックです。 ストレスが関係していると言われていますが、ストレスのない人にもみられる症状なので、 …