美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

健康

妊活男性も葉酸を摂った方がよい理由

投稿日:

妊活男性も葉酸を摂った方がよい理由について

妊活中の男性は、葉酸を摂る必要がないと書かれているサイトがありますので、はたしてそうなのか調べてみました。

結論として、子どもを望む男性も葉酸を摂った方がよいようです。
 
 

女性の場合

葉酸には、赤血球をつくりだす働きがあります。

葉酸が不足すると、正常な赤血球ができず、貧血になります。

正常に赤血球がつくりだされると、子宮内膜が強化され、着床が成功しやすくなるとも言われています。

また、葉酸は、タンパク質の合成や新しい細胞をつくるのに重要な役割をしています。
 
 
これらの働きから、妊活中から初期妊娠中に葉酸をとると良いとされています。

母体に葉酸が不足していると、神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)をもった子供が生まれる可能性があると考えられています。

神経管閉鎖障害を持って生まれると、歩行困難など下半身に障害が起こったりします。

厚生労働省は、1日あたり400μg以上の葉酸をとるようにと言っています。
※μg(ミューグラム 1000μg=1mg)
 
 

男性の場合

葉酸は、タンパク質の合成や新しい細胞をつくるのに重要な役割をしているということを書きました。

精子の細胞は、細胞分裂して増えていきます。

しかし、細胞分裂が正常に行われないと、精子は染色体異常を起こしたり、受精しても受精卵が育たない可能性があります。

つまり、質の良い精子と精子の量を増やすには、葉酸の効果が期待できます。
 
 

妊活男性が葉酸といっしょに摂りたい成分

亜鉛、銅、セレンは、微量ミネラルと呼ばれ、正常な精子を形成するのに必須成分です。

亜鉛を摂取すると、精液の量が増えたり、濃度が濃くなると言われています。

また、セレンは、精子濃度、運動性、形態と関係しています。

セレンは、ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取すると、その効果が高められます。
 
 
<葉酸を多く含む食品>
菜の花、枝豆、モロヘイヤ、ほうれんそう、ブロッコリー
ライチ、アボガド、いちご

<亜鉛を多く含む食品>
カキ、タラバ、牛肩、豚レバー、レンズ豆、そら豆、大豆

<セレンを多く含む食品>
ワカサギ、イワシ、ホタテ、ねぎ

<銅を多く含む食品>
イイダコ、シャコ、そら豆、大豆、アーモンド

これらは、通常の食事では、過剰摂取による中毒などを起こす心配はありません。

サプリメントでの過剰摂取には注意してください。
 
 
参考:則岡孝子『栄養成分の事典』
 
 
 

-健康

関連記事

PM2.5からも肌を守るには

シミやシワなどの肌トラブルの原因の8割近くは、紫外線や大気汚染物質などの外的要因が関係していると言われています。 そこで私たちは、紫外線対策の化粧品を使って、シミや肌荒れ対策をします。 紫外線による肌 …

スギ花粉症に効く漢方

スギ花粉症に効く漢方について スギ花粉症に効く漢方として、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が、鼻水の多い花粉症に効きます。 小青竜湯は、麻黄(まおう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、半夏(はんげ …

tie2(タイツー)を活性化する食べ物

tie2(タイツー)を活性化する食べ物は、ヒハツというコショウ科のツル性木質植物です。 一時期、ヨーロッパでスパイスとして珍重されていましたが、現在では黒コショウがそれに替わっています。 最近、血管の …

にんにく臭を消す方法

にんにく臭を消す方法について 餃子、焼肉、ペペロンチーノ・・美味しいにんにく料理ですが、食べた後気になるのがにんにく臭ですね。 ガムや飴は、口の中はさわやかになりますが、胃から上がってくるにんにく臭と …

不眠対策グッズ

不眠対策グッズについて ブルーライトによって、不眠(睡眠障害)になっている方が増えています。 ブルーライトは、パソコンやスマホのディスプレイから出ている光です。 夜、ブルーライトが眼に入ると、脳は「今 …