美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

顔のくすみを取る食べ物

投稿日:

顔のくすみを取る食べ物について

顔色がさえない、なんとなくどんよりしている、このような状態を「くすみ」と呼びます。

くすみの原因はさまざまですが、血行不良やターンオーバーの低下によるくすみは、食べ物で緩和することができます。
 
 

血行不良によるくすみを緩和する食べ物

血行をよくするには、ビタミンEを多く含む食べ物が効果的です。

ビタミンEには、血行を促進する働きがあります。

血流がよくなると、新陳代謝が活発になり、肌にハリが出てきます。

また、血流がよくなることで、冷え性や肩こり、腰痛が改善されます。

さらに、紫外線に対する抵抗力を上げる働きがありますので、シミやそばかすにも有効です。



100g中に含まれる量(単位:mg)
 
 

くすみ原因-血行不良以外の原因-

血行不良によるくすみを緩和するには、ビタミンE以外にも鉄分を多く含む食べ物も有効です。

ただ、サプリメントなどで鉄分を多く摂りすぎると、肝機能に障害が起こる可能性があるので、注意が必要です。

皮脂膜のくすみ

私たちの顔は、生活をしている中で、ちり、ほこり、細菌などにさらされています。

これらが、顔を覆っている皮脂膜にくっついてしまいます。

また、化粧の成分は、時間が経つにつれて皮脂膜と混ざり合います。

これらを放置してしまうと、くすむと言うよりもどす黒くなります。
 
 
そこでクレンジングや洗顔料で洗顔するわけですが、強くこすったり洗いすぎると肌のバリア機能をはたしている皮脂の分泌に異常がおこり、かえってほこりなどが付きやすくなったり、雑菌が繁殖しすぎて“くすみ”を悪化させてしまいます。
 
 

角質層のくすみ

皮脂のくすみと関係があるのですが、顔を洗いすぎたり、洗った後のケアを怠ると、肌は乾燥します。

乾燥すると角質は、肌内部から水分が逃げないように、厚く覆うようになります。

角質はもともと黒みを帯びているので、角質が厚くなるとくすんで見えます。
 
 
この場合は、ピーリングを行い、厚くなった古い角質を取った後、保湿成分が配合された美容液などで保湿すると改善する可能性があります。
 
 

 
 

-美容

関連記事

セラミド配合の化粧品の選び方

セラミドとは 角質層の細胞と細胞の間には、細胞間脂質(さいぼうかんししつ)という物質があります。 この細胞間脂質は、水分を蓄えて肌を保湿し、細胞と細胞間を埋めることで外部の刺激から守る働きをしています …

お尻のブツブツの原因と対処法

  お尻のブツブツや湿疹のようなものがでる原因 毛穴の中の雑菌が繁殖して炎症を起こしているのが原因だと考えられています。 雑菌の繁殖は、蒸れや摩擦によって起こることがあります。 ジーンズやナイロンの下 …

日焼け止め化粧品を使うときの注意点

日焼け止め化粧品について 日焼け止めクリームなどの化粧品を使う前に、使用説明書を読んでいるでしょうか。 よく読んで使用しないと、日焼け止めの効果が半減することがあります。     SPFの数値の意味 …

Tie2(タイツー)とむくみの関係

Tie2(タイツー)とむくみの関係について、できるだけ簡単に説明しています。 Tie2(タイツー)とむくみの関係がわかり、対策をすると、むくみが改善する可能性があります。     Tie2(タイツー) …

鼻が赤くなる原因と対策

鼻が赤くなる原因と対策について 鼻が赤くなっている状態を一般には、赤ら顔と言います。 また、酒さ(しゅさ)とも言います。 医学的には、赤ら顔は、毛細血管拡張症という病名で呼ばれています。 鼻、ホホなど …