美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

正しいシャンプー効果的なトリートメントの仕方

投稿日:

161114
 

正しいシャンプーと効果的なトリートメントの仕方とは

シャンプー前のブラッシングとお湯で髪を濡らす際に、ほとんどのよごれは落ちてしまいます。
 
シャンプーをたくさんつけたり、シャンプーをつけた状態で過度にゴシゴシやると、髪の毛を痛めてしまいます。
 
頭皮や髪の毛を痛めないための、正しいシャンプーの仕方と効果的なトリートメントの仕方をご紹介します。
 
  

正しいシャンプーの仕方

1.ブラッシング
頭皮の血行が良くなり、髪の毛のからみ・ほこりはある程度取れます。
 
※静電気の少ないウッドブラシなどを使うと髪の毛への負担も軽減します。
 
2.濡らす
時間にして約2~3分、少し熱めの(40度くらい)温度ですすぎを行います。
 
この「すすぎ」の作業で髪の汚れは70%程落ちてしまいます。
 
3.シャンプーをつける
あらかじめスポンジなどで立てた泡をつけることで、髪の毛同士の摩擦を防ぎます。
 
爪は絶対立てず、指の腹でマッサージするように、地肌を洗うことを意識します。
 
シャンプーの仕方は「毛の流れに逆らう」が基本。
 
下から上へと洗います。
 
4.すすぐ
洗い残しがないように十分すぎるくらい洗い流します。
 
※注意※
・基本的に2度洗いは避けましょう。
 どうしても気になる方は1度目の量の半分の量でシャンプーを行ってください。
 
 
 

効果的なトリートメント

1.水気を軽く切る
 
2.髪の毛にトリートメントをつける
なるべく地肌につかないように気を付けます。

3.時間をおく
特にダメージが気になる時は2~3分ほど時間をおいてください。

4.すすぐ
シャンプーと同じくらい、洗い残しが内容に十分にすすいでください。
 
 
 

髪の毛の乾かし方

タオルで髪の水分を拭き取ります。ゴシゴシと強くこすらないようにしましょう。
 
ドライヤーは、頭皮から15cm以上は離し、熱風が一ヵ所に集中しないようにします。
 
髪が濡れたままの就寝は、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮をいためてしまいますので必ず乾かしましょう!
 
以上、リバテープ製薬のカタログより
 
 
 

-美容

関連記事

ほうれい線対策をして何歳下に見られたい?

見た目年齢を左右するのは「ほうれい線」 医療機関などに人材紹介サービスを提供している日本メディカルが、40代~60代の女性(600人)を対象に調査した結果、見た目年齢を左右するもの1位は「ほうれい線」 …

乾燥肌のファンデーションはパウダータイプ?リキッドタイプ?

    乾燥肌のファンデーションはどのタイプがいいのか 乾燥肌の方は、リキッドタイプのファンデーションを選ぶ傾向にあります。 それは、パウダーだと皮脂や水分を吸収するので、かえって肌が乾燥しそうな気が …

かかとの角質ケア方法

かかとの角質ケア方法について 次のような方法で、私はかかとの角質ケアをしています。 ・お風呂に入って角質を柔らかくする ・軽くタオルで水分を拭き取り乾かす ・かかと専用の“やすり”で角質を取る ・かか …

ブースター化粧水とは使い方しだいでプラチナでも意味のある化粧品

ブースター化粧水とは ブースター化粧水とは、洗顔後につけることで、後に使う化粧水、美容液、クリームなどの浸透を高める効果が期待できる化粧品です。 ブースターを導入美容液と呼ぶこともあります。 基本的に …

サプリメントや化粧品の「お試し」に注意!

2017年6月9日に、2016年度の「消費者白書」が公表されました。 それによると、2016年には、「お試し」で購入したつもりが定期購入だったというトラブルが急増しています。 2016年は2015年の …