美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

ホームピーリング化粧品の選び方

投稿日:

16646466
ホームピーリング用の化粧品に配合されているピーリング剤は、クリニックで使われるピーリング剤よりは当然作用が弱いです。
 
しかし、少しずつ継続的にホームピーリングを行うと、シワの予防やニキビ対策になります。
 
このページでは、「ホームピーリング化粧品の選び方」について解説しています。
 
 

ホームピーリング化粧品の選び方について

角質は周期的に自然に肌からはがれ落ち、新しい角質が肌表面に現れます。
446293
 
最近はこのことを、ターンオーバーと言っています。
 
年齢を重ねるとこの周期が長くなります。
 
<参考:ターンオーバーの周期>
10代:約20日
20代:約28日
30代:約40日
40代:約55日
50代:約75日
60代:約100日
 
しかし、ホルモンバランスが乱れたりすると、この周期も乱れます。
 
周期が乱れると、古い角質がいつまでも残り、角質が厚くなってしまいます。
 
そして、ターンオーバーの妨げの原因になるという負の連鎖が始まります。
 
そこで、人工的に古い角質を落として新しい角質にする、ピーリングという美容法が生まれました。
 
これを自宅で行うのがホームピーリングです。
 
 

こんなピーリング用化粧品はダメ!

肌をケアする際に気をつけたいのが「摩擦(まさつ)」。
 
洗顔もゴシゴシやると、肌に負担がかかります。
 
ピーリングはもっと慎重に!
 
ピーリング用化粧品は、こするものはさけた方が無難です。
 
例えば、次のようなタイプです。
 
・拭き取り化粧水タイプ
 
・スクラブなどのザラザラが入っているタイプ
 
・ゴマージュと呼ばれる消しゴムのカスのようにボロボロ落ちるタイプ
 
これらを使い続けると、黒ずみの原因になります。
 
 

こんなピーリング用化粧品を選ぶとよい

そこで、こすらずに肌にのせるだけで角質を溶かす作用のある化粧品がオススメ。
 
このタイプの化粧品には、AHA(アルファヒドロキシ酸)やフルーツ酸と呼ばれる成分が使われています。
 
BHA(ベータヒドロキシ酸)=サリチル酸は、肌荒れしにくいというメリットがありますが、薬事法により化粧品には0.2%しか配合できません。
 
BHAがピーリング剤として発揮するには、5%以上は必要です。
 
0.2%では、ピーリング剤としては弱すぎます。
 
ですので、BHAを有効成分としたピーリングの化粧品は避けた方がよいでしょう。
 
AHA系のピーリング成分
(弱)クエン酸
↓ リンゴ酸
↓ 乳酸
↓ グリコール酸
(強)TCA(トリクロロ酢酸)
 
※フルーツ酸はリンゴ酸やクエン酸の総称です。
 
TCA配合の化粧品は、日本では販売されていません。
 
参考:吉木伸子『スキンケア美容医学事典』
 
 
 

-美容

関連記事

レチノール配合の化粧品はシワを改善する効果があるの?

レチノールの特徴と美容効果 シワを改善する効果が期待できる成分として、レチノールが注目され、様々な化粧品に配合されています。 はたして本当に効果があるのか気になり、調べてみました。     レチノール …

パラベンフリーとは

  パラベンとは、パラオキシ安息香酸とアルコール類を混ぜ合わせたもの(パラオキシ安息香酸エステル類)です。   殺菌作用があるので、食品や化粧品類の防腐剤として使われています。   しかし、配合量には …

美容サプリメントの前に摂るべきサプリメント

    美容サプリメントの前に摂るべきサプリメントについて コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドなど、美肌に関するサプリメントがたくさん世の中には存在します。 これらの販売サイトなどを見ると …

開き毛穴・凸凹毛穴を改善する化粧品

ムダ毛ケアでおなじみの「パイナップル豆乳シリーズ」から、毛穴とうぶ毛が同時にケアできる新フェイスケアが誕生しました。 小鼻やほおの「開き毛穴」「凸凹毛穴」「黒ずみ毛穴」を改善する可能性のある化粧品です …

大人ニキビに豆乳って効くの?

大人ニキビ、特に生理前にできるニキビにとって、豆乳の飲み過ぎは良くありません。     ニキビに豆乳があまりよくない理由1 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをし …