美容・健康ガイド −Miku

美容・健康に役立つ情報サイト

美容

目の下のクマを治す方法

投稿日:

 

目の下のクマを治す方法について

目の下のクマを治す方法

まず、目の下のクマには3種類あり、それそれによって治す方法が異なりますので、それぞれについて説明します。
 
 

青グマ

クマが青い場合は、目のまわりの毛細血管の血流が悪くなることで起こります。

ですので、目のまわりだけでなく、顔全体の血流を良くすることで、目の下の青グマが治る可能性があります。

マッサージ

目のまわりの皮膚が薄いので、目のまわりの青さが目立っているだけで、顔全体の血流が悪くなっています。

なので、顔全体を優しく、軽くマッサージします。

目尻のあたりを引っ張ったりすると小じわの原因にるので、注意してください。
 

栄養分

血流を良くするには、ビタミンE、鉄分が有効です。
 
 

黒グマ

黒グマは、下まぶたのたるみよって、影ができるのが原因です。

加齢とともに皮膚が弱っているので、皮膚内部のコラーゲンを強化する必要があります。

ピーリング

ピーリングによって古い角質がはがれると、肌内部で繊維芽細胞(せんいがさいぼう)というのが活発になり、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が作り出されます。

化粧品

コラーゲンを増やす作用のある成分は、レチノール、ビタミンC誘導体、ナイアシン、マトリキシルなどです。
 
 

茶グマ

茶グマは、指などでこすることによって角質層が厚くなっているのが原因か、小さなシミの集合体によって茶色く見えるのが原因です。

美白成分の入った美容液でお手入れするのが効果的です。

また、角質が厚くなっているのなら、ピーリングも効果的です。
 
 

顔のくすみを取る食べ物


 
 
 
 

-美容

関連記事

ほうれい線対策をして何歳下に見られたい?

見た目年齢を左右するのは「ほうれい線」 医療機関などに人材紹介サービスを提供している日本メディカルが、40代~60代の女性(600人)を対象に調査した結果、見た目年齢を左右するもの1位は「ほうれい線」 …

なぜ美白化粧水・美容液で顔がかぶれるのか

「なぜ美白化粧水・美容液でかぶれるのか」について 美白成分が配合された化粧水や美容液を使用して、顔がかぶれるというトラブルが起きることがあります。 この美白化粧水・美容液で顔がかぶれる原因を調べてみま …

日焼け止め「SPF」の使い分け

日焼け止め「SPF」の使い分けについて   SPF PA 日常生活(買い物、散歩) 10前後 + レジャー、屋外での軽いスポーツ 10~30 + + 夏の海や山、冬のスキー場、長時間のレジャー、炎天下 …

大人ニキビに豆乳って効くの?

大人ニキビ、特に生理前にできるニキビにとって、豆乳の飲み過ぎは良くありません。     ニキビに豆乳があまりよくない理由1 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをし …

日焼け止め化粧品を使うときの注意点

日焼け止め化粧品について 日焼け止めクリームなどの化粧品を使う前に、使用説明書を読んでいるでしょうか。 よく読んで使用しないと、日焼け止めの効果が半減することがあります。     SPFの数値の意味 …